私はフリーターとして塾の講師をしていました。その塾の理念は「どんな落ちこぼれでも入塾させて成績を上げる」というものでした。私はフリーターでありながらも、この理念を念頭に掲げ、日々の業務をこなしました。

 

 例えば、他の講師が宿題のテストを市販の参考書の写しで行うところを、私は生徒が間違った単語を授業中にメモしておいて休み時間に清書し、生徒が帰る頃には完成させるような丁寧なケアを心がけていました。

 

 とある男子高校生の話です。彼は有名な大学に進学したいのですが、あまりやる気が出ないで困っているようでした。私は彼が世界史選択者と聞いて、赤本を過去5年分自分で解き、出やすそうなキーワードのレベルを選出して、ご父兄に提案させていただいたことがあります。

 

 この提案は非常に好評で、エリア担当のマネージャーにも高評価を頂き、これからもこのようにやってくれと直接言われたのです。

 

 私は、理念に基づく行為ならば、多少の時間的な損失があっても、正社員への道が開けるという展望が見えてきました。この出来事以降、どんなに忙しくとも、就職活動がアルバイトに一本化できて、なおかつ学ぶべきジャンルも一緒であると認識してアルバイトにのめり込みました。

 

 それから3ヶ月程度で正社員登用の話を持ちかけられました。同級生にこの話をしたところ、このような正社員への道を模索している友人が意外と多いことに驚きました。

 

 企業側の立場で考えるならば、内部での実績がある人間ならば長く使いたいと思うのが本音でしょう。

 

 フリーターの皆さんも企業理念を念頭に起き、行動の規範とすればきっと将来へのヴィジョンが見えやすくなると思います。