大学を卒業した人に関して、就業の経験がない人で就職活動をしている人は、大学を卒業する予定である人と同じ立場に立って就職活動をしなければならないが、新卒枠の求人には応募する事はできないです。そして、中途採用として応募する枠で応募をしなければならないので、当然ながら社会経験を積んでいる転職者よりも就職が不利になります。

 

 従って、大学を卒業してからまもなく中途採用の枠として応募する際に、中途採用の求人としてではなくて、できれば第二新卒として応募した方が他の応募者と対等に選考されやすいです。そして、第二新卒を介して応募する際には、対等な立場で選考されるので、応募者の中で群を抜いたアピールをする事が大事になります。

 

 しかし、第二新卒として就職活動をしたり、企業に応募する際に自己分析に完璧すぎるように取り組んで、完璧すぎるエントリーシートを作る事は決して望ましい事ではなくて、企業は戦力を求めているので、エントリーシートや自己分析にのめりこんだ既卒者を企業は求めているわけではないです。

 

 就職活動において、特に大企業が求める第二新卒としての既卒者は、有名大学や難関の大学を出ている既卒者です。そして、第二新卒としての既卒者の場合は社会の経験だけではなくて、社会人としての心構えが整っている既卒者を企業が求めています。

 

 実際に企業は即戦力を見越して、有名な学校や難関の学校を卒業している人を優先にして採用を獲得していきます。重要な事は、就職活動の本質をつかんで、とりあえず一般の企業に就職するという心構えを無くす事です。